読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

「シェア」という強さ面白さ

スポンサーリンク

もともと、京都のナミイタアレとみけねこ食堂でシェアアトリエとして借りたり、シェアキッチンとして喫茶店をやったりしていました。お金もコネもない学生の時にこういう経験が積めたのも、「シェア」をできたからです。

 

そ今、色々とご縁が頂き、シェアを提供する側にいます。それで最近ますます「シェア」ってすごいなーと実感しています。なので「すごいなー」と思う理由をいくつかさっくりあげます。

 

 

 

 

やすい

 

まず、お金がかかりません。例えば、家賃。シェアするので家賃まるまる負担ではなく、みんなで分担できることができます。10万の店舗でも3人で使えば1人33333円。なんかできる気がしてきますよね

 

 

 

 

強い

 

 

発信や集客もかなり強くなります。1人1人の発信能力が小さくても、数があつまればとっても大きくなれます。シェアしてる者同士で協力してやれば、全体として強い発信力をもつことができます。

 

 

 

 

 

試せる

 

シェアスペースは本気でやれば、それなりの収益を出してうまくやれば本業につなげれます。それも大切なのですが、僕的には「したいことをすぐ試せる」というのが大きいと思います。もしシェアができなれければ、学生だった僕がアトリエを借りたり、飲食店を始めたり、というのはとてもできませんでした。家賃、内装工費、ランニングコスト、、1人でやれば学生には重すぎる負担です。

 

でもシェアすれば、負担もシェアされるので、学生でもチャレンジできます。僕は大学では経営学を専攻していましたが、やはり、それとはまったく違って、とっても勉強になりました。

 

 

自分に合うかどうかも、本気で構える前に試すことができます。

 

 

 

面白いアイディアがどんどん出てくる

 

 

 

シェアは1人でやっているわけではなく、何人かの仲間で手を組んでやることになるので、面白いアイディアが色々できてきます。三人寄れば文殊のなんとかで、1人では難しいことも、三人で考えれば、すぐに解決したり、全く新しいアイディアが思い浮かびます。

 

僕たちが開催したビアガーデンパーティー「Hello summer」や「good bye summer」もシェア仲間がいたからこそのアイディアです。1人じゃとてもできなかったです。

 

 

DJ呼んで、映像流して、ご飯作って、準備して、運んで、片付け、、、いや~~死ぬほど楽しかった(笑)

今まであれだけドキドキワクワクしたのはなかなかないですな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっかいこれやりたんですが、八日市駅周辺で音出して使える屋上ありませんか~~~~情報求ム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話もどりまして。

 

 

 

 

 

ただ、シェアでも相手がいるので、自分が思うように好き勝手はできません。シェア仲間のことを考えて調整し合う必要があります。本町93は更新自由ですが場所によってきちんと気を遣う必要はもちろんあります。突然抜けるとなると他の方の迷惑になります。全体の方向性を理解して行動しましょう。

 

自己中心すぎる人はやめた方がいいかもしれません。

 

 

 

 

でもそんなことは難しいことではありません。もうこれはどこでもやっているのことです。どんどんやりまっしょう

僕としては「面白いアイディアどんどん出てくる」というのが一番価値あるなぁと思っています。

 

 

どうですか、読んで頂いてるかた、

八日市で一緒になんかやりませんか~~

 

 

 

 

東京なう。

 

 

【お問い合わせ先】

 

Facebook:北浦耀司

 

Twitter @kitaurayouji

 

instagram kitaura_

 

TEL  070-5501-5969

 

Mail  kcls950@gmail.com(北浦)