MENU

畑、移動しました。そこでわかった初心者が畑を続けるコツは

スポンサーリンク

半農半Xを目指しています。

 

今まで東近江市の池田町にあった畑を見放すことにしました。

f:id:kitaurayouji:20160912212900j:plain

 

 

 

 

コツ1、畑が近くにあること

 

僕がやっていた畑は車で15分くらいのところにあり、朝に「ちょっと見にいこ」と気軽に立ち寄れる場所にありませんでした。畑はできるだけ毎日様子を見に行き、水をやるなり、草を引くなりしたほうがいいです。たま~にでええねんとか言うてると畑がいつのまにか草原になっていたりします。種まきからするとなるとなおさら管理が大変です。なので、よほど時間に余裕ある人でないと、遠くにある畑を管理し続けることは難しいです。

 

畑は徒歩圏内にもつことをオススメします。

 

 

 

 

コツ2、誰かと協力すること

 

僕の中で「自分の食べ物はできる限り自分で作る」というのは大きな目標なので農業は実家の畑で続けます。

 

 

 

f:id:kitaurayouji:20160912213315j:plain

f:id:kitaurayouji:20160912213331j:plain

実家の畑は祖父母の管理下になるので、僕は手助けをするという形になります。いくら近所に畑があっても、毎日見に行くのは公私ともに難しいという人がほとんどでしょう

 

そういうときに何人かで管理していると、抜けた人がいる場合、カバーしてくれる人がいるので安心です。僕の場合、さらに知識豊富な祖母があれやこれや教えてくれるので一石二鳥です。

 

農業は肉体労働です。おじいちゃんおばあちゃんは若い力を欲しているので、コミュ力のある人はちょくちょく声をかけて仲良くなって手伝うのもいいかもしれません。そうすれば農業を色々教えてくれる上に、野菜ももらえることでしょう。

 

 

コツ3、あんまり神経質にならない

 

最初は土作りとか、肥料とか、なんたかかんたら気にせず、とりあえず適当にやっちゃいましょう。大体で畝を作って、パパッと苗かって植えて水やってください。適当にやってもそれなりに野菜は収穫できます。僕はできました。最初っから拘りすぎると訳わからず、しんどくなるので続きません。農業で食っていく!というなら知りませんが、趣味なら最初は適当にやりましょう。それから自分のやり方をみつけていくのをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

というわけで引き続き畑もやっていきます。

今、大根、ねぎ、さつまいも、キャベツ、ブロッコリー育成中。