読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【3年前の世界一周記】フィリピンの留学先【第4~5話】

スポンサーリンク

少しづつ進めていきます。

世界一周記第4と第5話です。

 

今回も本当に内容のない話なので、

まとめて2話分。

 

 

 

 

第4話 フィリピンの公園

 

夜先生のマイケルに連れられて夜の市場にでかけた。
その時行った公園がかなり印象的だった。



縮小P4150289
象さんの滑り台。
縮小P4150287
割り方あかん。
縮小P4150288
後ろから見たらあかん。
縮小P4150290
子供を泣かせたいのか。
縮小P4150291
設計者ちょっと来い。



関係ないけど
縮小58795_369896783116676_754680776_n
俺双子やった、と思えるくらい似てる。
帽子外したら一緒ですぜ、ほんま。
同志社で世界一周の途中らしいから付き合いは長くなりそうです。

 

これで一記事。。

内容ないけど、この公園を見た時は腹抱えて笑った覚えあるわ、、

 

先生のマイケルと原付2ケツしていってあっちこっちいきました。

最後に出てきた人は、とくに付き合い長くなりませんでした。笑

 

 

 

 

 

 

第5話 フィリピンでホームステイ

 

 

世界一周中、できるだけ現地の生活慣習を知りたいので
カウチサーフィンを使ってホームステイをしたかった、

が、発展途上国でホームステイは難しいのであきらめてたら
先生マイケルが友人宅に招待してくれた。

招待してくれた二人
ジーンとマイケル。20歳と19歳。
縮小IMG_7569
俺の先生19歳(笑)
ちなみ彼、インド語、スペイン語、英語、フィリピン語話します。
フィリピンには100以上の言語があって、その中でも6つくらい話せます


町外れの田舎の家でした。
縮小P4200361
縮小P4200362
牛とか犬とか鶏とか羊とかやたらいます。

かわいい子供もたくさんいます
縮小P4200406

皆すごい恥ずかしいみたいで、全然喋らない。
話かけても、笑いながら逃げていく。
ちなみこれ奇跡的に撮れた一枚。右の子ええ顔してるはるわ~





縮小P4200418

道で焼き鳥売ってた人の子供。
これがまためちゃくちゃかわいい。

縮小P4200422
そこで売ってたもの。右が豚の血を固めたもんで、左が鶏の腸。
豚の血は普通だったけど鶏の腸は超美味。見た目的な問題はあるけど。
ほんとに美味しいねんで


鶏の頭も食ったし、産まれる直前のゆで卵も食ったし、産まれて1日の鶏の丸揚げも食ったし、あとフィリピンで食えてないゲテモノ、豚の脳みそくらいかマヨネーズっぽいらしい。

縮小P4200410
移動はこのトライシクルという乗り物。これに6人乗る。
こういう安いサイドカーもっと日本でもやるべき、普通に便利。

ココナッツ農園行ってー帰ってきてメシ
縮小P4200405
フィリピン伝統は手で食べるので、手で。うまいよー手で食うのは。
縮小P4200373
いろんなフルーツも食ったけど、やっぱ熟れたマンゴーが一番。
あとは大体すっぱすぎる。

縮小P4150334
(ピント合ってない)
夜はフィリピン人6人とお酒を飲む。
ひとつのちっちゃいグラスを皆で回し飲み。家族、友達の絆を意味するんだってー
ブランデーを小さいグラスに好きだけ入れて、チェイサーにジュースや水を用意する。
皆酒強


とまぁとにかく面白かった。
彼ら盛り上がるとタガログ語話すし、俺と何人かの英語が微妙やから
そんな抜群にコミュニケーションとれたわけじゃないけどほんと楽しかった。

風呂は入れんし、足なんか汚れすぎて現地人そのものだったし、埃とと汗で髪はバッシバシだし体はベタベタザラザラだったけど、よかった。

フィリピンの生活を垣間見れました。
経済的豊かさはは日本と比べればあまりないけど
その分こっちの人は気持ち的な余裕持って生きてる感じがするね〜
日本の人よりフィリピンの人の方が楽しく毎日過ごしてるように見える。
俺が見てる限り。

 

 

 

ややまともな記事でした。

マイケルにはほんとに色々楽しませてもらった。ありがいたい、んだけど

生徒から金借りて逃走するというびっくりの結末でした。

僕千円くらいだけどもってかれました

 

もう会うことないだろうなぁ、なにしてるんだろ

 

 

 

フィリピンの焼き鳥屋台には鳥のモツから足頭まで色々焼いてあって

フィリピン風のタレにつけて食べます。これで週末ビールを飲むのが旨いのです。

鶏の腸がモツでは一番おいしかったかな~よく食べてました

 

 

 

このホームステイは良い思い出です。

ありがとうマイケル、でも金は返せな