読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

バッグを二つ制作させていただきました◎

スポンサーリンク

バッグのオーダーを頂いていて、

二つ連続でお作りしました。

 

 

 

f:id:kitaurayouji:20161214204045j:plain

 

 

 

基本は同じ。

形は違いますが、基本的な構造は同じです。

どちらとも色やポイントは指定して頂いてあとは「お任せ」でしたのでこの構造を取らせて頂きました。耐久性、デザイン、そして最少の素材で最大の空間を作るのがこの構造だと思います。そしてミシンではできない、手縫いならではです(おそらく)

 

 

 

f:id:kitaurayouji:20161214204045j:plain

このバッグは「ボタンをかがってロゴを押したもので、弁当箱が入って、ブラウン系」という指定だけ頂いてつくりました。ちょっと実物とは色が違って見えますな、、

f:id:kitaurayouji:20161214204047j:plain

留めを活かすために、ロープはシンプルに作りました。

 

f:id:kitaurayouji:20161214204058j:plain

 

写真撮り忘れましたが、裏表にミニポケットつきです。

 

 

 

ふたつめ。

 

こちらはモスグリーン、相変わらずツボな色です。

f:id:kitaurayouji:20161214204054j:plain

やや縦長

f:id:kitaurayouji:20161214204057j:plain

マグネット式の留め。

f:id:kitaurayouji:20161214204059j:plain

片手で開け閉めができます。

 

 

再び写真ないのですが、裏面にはアイパッドを入れる大きなポケット。

内側には携帯やペンを入れるミニポケットもはいってます。

 

 

 

二つとも無事に完成しました◎ 

 

 

オーダーメイドだから自由自在

 

どちらとも、「これは入れたい」という希望がありました。

ブラウンのものは 弁当箱と手帳、モスグリーンのものはipad

お客様のお持ちのものに合わせてお作りできるので無駄ができません。

 

 

 

僕が主に使用している革はオイルヌメといって、油分をたくさん含んだ革です。

使ってるとその油分が表にでてきてツヤッツヤになってきます

よく触れるところは変化が出やすく、革の表情も使い手に合ってきます。

 

オイルを入れる手間もありません。オイルを下手に入れるとタンナー(革の加工業者)さんのベストな調整を崩すことになります。

 

革の経年変化、楽しいです。

 

 

以前カフェでチラッと見せてもらったもの。

照明で分かりづらいですがツヤッツヤのネイビーになっています。

f:id:kitaurayouji:20161214210058j:plain

内側。手に触れるところは色が濃く変化しています。

ボタンのアタリもでています。

f:id:kitaurayouji:20161214210100j:plain

 

 

とくにスマフォケースはよく触れるので経年変化が早いです。

 

良い変化をしていると嬉しくなります。

 

 

 

メンテナンスも致しますので、お買い上げいただいたお客様、また見せにきてくださいね◎