MENU

2013の世界一周記【第10話 ベトナムin】

スポンサーリンク

すっかりこれの更新を忘れていました。

ササッと記事の移転をしていきたいです頑張ります。

 

フィリピンを出て、ベトナムに飛行機で向かった頃のです。

フィリピンでは、ほとんどが英語学校の寮で生活していたので

旅行という旅行が始まったのはこの辺からでしょう。

 

 

 

ベトナム到着しました。







こんにちは。
ベトナムにいます。ようじです。
2日前、深夜に空港に到着し空港泊をする予定がそんなことどうもできなさそうな空港だったので渋々街に行くことに。恐れていたぼったくりで悪名高いタクシーをなんとか無事に切り抜け、なんにもわからんセンター・オブ・ホーチミンで下ろされ、まさに迷える子羊状態で徘徊していました。宿はどこだ宿はどこだと歩き回っていると、親切な?ベトナム人に言われるがままに部屋に案内された部屋に泊まることにしました。が、ほぼ密室にも関わらずものすごい蚊。蚊。蚊。小Ⅰ時間ほど、蚊との死闘を経て、「まぁアジアだし、蚊ぐらいいても不思議ではないな。」と言い聞かせ、一夜を過ごしたところまでは良かったです。がしかし朝トイレに行くと、それはびっくり、トイレの水の中で大量のボウフラが湧いていたという最悪の印象でスタートしたベトナムです。あれだけはゾッとした。ボタン一つで流され行く大量のボウフラ。ちょっとかわいそう、、、なんてことはなかったです。ざまぁみやがれ

 


第一印象最悪ですが、もうすでにフォーがうますぎてどうでもいいです。
フォー旨いですすごいです。ていうかそもそも泊まった部屋がそこだけが悪質だったみたいで今泊まってる部屋は快適そのものです。
縮小P6040372
最初に食べたフォー。普通に旨い。旨いのだ。
縮小P6040397
二回目フォー。まさかの豚の血の再会!!(左手前の黒いやつ)
そしてフィリピンで食べたそれよりも圧倒的に旨い。旨いのだ。

縮小P6040406日本で言うまぜそば的な。
乗ってた、つくね、焼き鳥、春巻き全部旨すぎた。旨いのだ
底にも野菜たっぷり。
大体一杯20000〜25000ドン(約125円)
こんな感じでどこでもある。
縮小P6040396
店によって、麺もスープも具材も違うので食べ歩き最高。

あとこれもいける
縮小P6040375
バインミー。10000〜15000ドン(約70円)
フランスパンに野菜やら肉やら色々突っ込んだサンドイッチ。
フランスは旧宗主国なのでけっこーフランス文化が残ってます。

これもこんな感じでどこにであり、、、
縮小P6040376
具材が違う。

この2つあれば楽しくベトナム過ごせそうです。
、、、ただ、ベトナム料理、口には合うのに腹には合わないのか知らんけど
2日間ずっとおしりからおしっこ状態です。しかもなぜか無痛。人体って不思議。


ベトナム料理はあっさりヘルシー野菜多めなので、
フィリピンみたいに肥満体型の人は少なく、皆スラっとしてます。
アオザイという伝統セクシー民族衣装はベトナムの食生活の上で成り立ったのがわかります。



あとまだ未経験ですが生春巻きとか有名のはず。また今度食べます。
有名なベトナムコーヒー
縮小P6040404
アイスの場合コップにギリギリまで氷を入れ、そこにとんでもなく濃い甘いコーヒーを入れ、
溶かしながら時間をかけてゆっくり飲むのが美味しい。
しっかり氷が解けていい感じの濃さになった1時間以上後がちょうどよい。
10000ドン(約50円)くらい。


はっきり言ってベトナムはすごい勢いでぼったくるから、これが正規値段ではないと思う。値段を提示した時、周りの人が笑ってるのでたぶん大概ぼられてます。英語もほぼ伝わらんし文句も言えん。でも、ぼられてるのがわかってても自分が納得できる価格ならまぁ仕方ないか、と

あと大通り歩いてると、15分に1回は日本語片言のバイタクのおっちゃんがうざ絡みしてくるからおもろい。皆、勧誘方法がワンパターンでまたおもろい。

でもぼったくりする以外はベトナム人優しいし、街は汚くないし、メシは旨いし、ベトナム万歳!昔ベトナムは「プチパリ」と呼ばれるくらい綺麗やったらしい。でも今でも綺麗!緑が多い!
縮小P6030327
縮小P6030352

縮小P6030336



明日はバイク借りて、ホーチミンブイブイします。

 

 

 

追記

 

行ったところで一番おいしいところどこだった?と聞かれると必ず思い浮かぶベトナム。僕はホーチミンという南の町にしか行ってないのですが、他の町もとっても良いそう。観光はほとんどできてません。

 

これ何話まであるんだろう、、頑張って転載します。