MENU

革漉き機、導入!

スポンサーリンク

長らく休んでちょっとお出かけしておりました。

 

f:id:kitaurayouji:20170608185001j:plain

香川から岡山へ。

 

 

 

 

革漉き機導入決定。

 

革漉き機という機械があります。

僕が使っている革は元々の厚さが3~5mmくらいあり、そのままではとても使いづらいので、1~2mmくらいに薄くします。

 

この薄くする作業を漉きといいます

 

一枚が畳2~3畳分ぐらいある3~5mmの革を

1~2mmに均一に漉くのは個人じゃ無理で、業者に出して漉きます。

 

でその漉いてもらった革をパーツ取りして、切って縫って作っていくわけなんです。

 

で、ところどころ、薄くした方がよいパーツがあります。これを今まで手漉きといって、革包丁で薄く削ぐように落としていました。

 

www.youtube.com

 

こんな感じです。

 

 

これがね、ほんとに大変なんですわ。

 

 

大体、革でご飯食べている人は漉き機っていうのを使っています。

僕がリスペクトしている作家さんは皆持っています。

 

どんなに手漉きが上達しようとも、「漉き」の早さ、精度において漉き機に勝るものはない といっても過言ではないです、え、ないですよね?

 

で、その漉き機というのがこちら。

 

f:id:kitaurayouji:20170608185751j:plain

左下の部分で革を漉きます。

 

f:id:kitaurayouji:20170608185811j:plain

安心のニッピ―社。

 

www.youtube.com

 

こんな感じです。

 

こうして機械に通すと。

こんな感じに。

 

f:id:kitaurayouji:20170608190023j:plain

端だけ段がついて、薄くなっています。

 

 

という機械を頂けることになりました。

もう最高です。感謝しかありません。

 

手漉き地獄から解放。制作の精度も、早さもグッと上がります。いえい

 

f:id:kitaurayouji:20170608190138j:plain

 

最高ですね。

 

f:id:kitaurayouji:20170608190209j:plain

ありがとうバンダくん。ほんまに

いいもの作ります。

 

 

 

 

さて、今日から日曜までCOUYAとKitaura

営業しています。今日は家でしたいことがあるので誰もいなければ23時に閉めますね。