MENU

メキシコ〜コスタリカ感想。

こんにちは。北浦です。
今日でコスタリカ最終日。明日から念願のキューバです。この旅の目的であり楽しみであるので、期待値が異常に膨らんでいます。ワクワク。


さてメキシコからコスタリカまでの中米縦断しました。感想です。

1.食事

メキシコは日本でも有名で、期待通り美味しく楽しめました〜


メキシコと言えばタコス、というイメージかしれません。はい、その通りでした。


やってみたかった、メキシコのバーでテキーラとライム。めちゃ安でよかったー


こういう定食みたいなのが、メキシコ食堂での一般的なスタイルのようでした。



モーレ。蒸し鶏のチョコレートソースがけ、といいますか。今まで味わったことのない味で感激でした。(僕は美食には興味ないけど、たべたことない味には関心があります)





ただ、メキシコから下っていくにつれ、ローカルフードがイマイチになっていく、、



強いて言うならグアテマラはフライドチキンのクオリティがすごく高かったかな、、フライドチキンかい、、という。


大きなお肉で衣はバリバリでスパイスがいい具合。これで250円くらい。





今いるコスタリカもなんだかいまひとつ、、、しかもコスタリカの物価は高く、ちょっと良さげなレストランやカフェは日本以上に高いです。サラダ1000円とか。パスタ1800円とか。かといって特別目新しさもなく。


ピザとかハンバーガーみたいなのは300〜400円あれば食べれます。


ハンバーガーとチャーハンという凄まじい組み合わせを発見しました。


外食すると高いのですが、肉が安いのでスーパーで肉買って、宿で焼いて、ステーキをよくたべました。

赤身なのでモリモリ食べれて最高です。霜降りより赤身やでほんま。




コーヒーが楽しかった


コーヒーはとても楽しめました


中米できちんとした珈琲屋さんに行くと、豆の種類ではなく、ドリップの種類で選べることが多いです。


見たことないドリップ方法も。



コスタリカ オリジナルのドリップを選びました。




実に美味!





ま、そんな感じです。




2.治安


たくさんの方に心配頂きました。すみません。
治安なんですが、



皆さんが思うよりは遥かに治安はいいです。



僕達は旅行中、(運良く)危険を感じたことは一度もなかったです。むしろ、親切でフレンドリーな良い人達がたくさんいて、(悪く言えば)殺伐とした日本より暖かいなぁと感じました。



もちろん、国によりますが、犯罪も多いし、首都のダウンタウンや、ギャングの拠点になっているような街は、地元の人たちでも怖いと言います。ま、ダウンタウンが危ないのはヨーロッパやアメリカのような先進諸国でも同じですよね。


ただ、そのイメージが先行して、国全体の印象となりすぎているような。そんなことは決してなく、治安の良い街は、夜遅くまで飲んで遊んで朝帰りしても大丈夫です。また旅行者がギャングの標的になることはほとんどないそうです。


油断はせずに、地元の人たちのアドバイスを聞きながら行動すれば、よほど運悪くない限り、安全に旅できると思います。

訪問予定の人は、常に最新の情報が入るよう心がけましょう。







ちなみに1番「治安わるそ〜」と思ったのはエルサルバドルの首都、サンサルバドルダウンタウン



北斗の拳みたいなバスがありました。


この街は夜は歩けないなーと思いましたし、昼もよく「気をつけて歩きなよ」と地元の人たちに言われました。




ちなみ中米諸国は富裕層、貧困層の格差が激しいですが、コスタリカはかつての日本のような中間層も多いです。首都のサンホセしか滞在してないですが、他の中米諸国とは違う雰囲気を感じます。




再訪はないかな

今後、相当な御縁か機会がない限り、再訪はないかなぁ、、と思います。でも本当に来れてよかった。できれば、ベリーズパナマも訪問したかったですが、行かず。おそらく僕の人生で関わることはもうないでしょう、、、と思うと少し寂しい。


でも楽しかった。今回は1人ではなく2人旅だったので、前回とは違う楽しさ。旅行中、特に中米縦断は大変なので、一度や二度は揉めるかなーと思ったのですが、特に何事もなく。


あとはキューバのみ!た、の、し、みー







キューバには基本的にネット環境がないので、3/1まで今まで以上に連絡が取りづらくなります。返信が遅くなっても心配なさらぬよう、お願いします🤲

珈琲好きの旅人に勧めたい!旅中に珈琲を淹れるベストな道具はこれ!

こんにちは。

僕は一日に3〜4杯は飲むそこそこコーヒー好き。というか、珈琲(茶)を飲むという行為が好きです。

今みたいに旅をしていますと「それなりに旨いコーヒーにありつく」というのは大切なことです。

ベトナムベトナムコーヒー、インドのチャイ、モロッコのミントティータンザニアのコーヒー、アルゼンチンのマテ茶、ペルーのコカ茶、、など、茶を飲む習慣が根付いている国ではいいのですが、そうでない途上国ではそもそも「それなりに旨いコーヒー(茶)」を出すとこは少ないです。

あってもやはり値段がそこそこするので長期旅行者にとっては気軽にいけるものじゃありません。もちろん欧米各国はなんでもありそうだが物価もあがるでしょう。


僕たちが泊まるような宿にはキッチンがついてることが多いです。なのでコーヒー道具を持ち歩けばいいのですが、普段自宅でしている、ペーパードリップは道具がかさばるし、キッチン用品が充実していない旅先ではやや不便。


以前はこんなエスプレッソメーカーを使用して、コーヒーを作ってましたが、やっぱりかさばるし、使いづらい。



さて!この投稿を見ているバックパッカー、旅人の方、そしてそんな中でもコーヒー好きな方もいらっしゃることでしょう。

旅先で気軽にコーヒーを飲みたいときはどうされていますか?

ベストアンサーここにあり!





はい、ネルドリップ〜。

ネルドリップ。コーヒー好きな方なら知っていることでしょう。日本ではメジャーではありませんが、マニアックなコーヒー屋さんだとネルドリップで淹れるところもあり、メジャーではないだけで、味の面でも優秀な道具です。


こういうのんです。
日本でのメジャーは「ペーパードリップ」ですが、このネルドリップは言い方を変えると「布ドリップ」です。


この中に豆を入れて、お湯を注いで抽出します。

コスタリカ でゲットしました。


メルカドで80円くらい。随分縦に長い。


こんな感じで豆入れます。


ネルドリップ初めてなんですが、凄く便利です。理由は4つ。

1.かさばらない

大きい荷物を持ち歩くバックパッカーにとって、荷物は最小限にとどめたい。みてください。ネルドリップの道具の大きさを。ポケットに入ります。

2.ゴミがでない

ネルドリップはペーパーのように、使い捨てではありません。洗えば何度でも(?)使えるので、これを1つ持ってれば良いのです。エコ!

3.他に道具がいらない

必要なのは、豆とこれだけ。ペーパーのように、紙とドリッパー、、など必要ありません。

4.メンテも簡単

前の世界旅行の時に使用していたエスプレッソメーカーは、一度使うと部品を分けて洗う必要があり、めんどくさかった。

ですが、これはジャバジャバっと揉み洗いで終わり!簡単!
(本来は自宅使用するときは、水に浸けて保管するそうです)



というわけで、旅人のみなさま、コーヒー淹れるなら「ネルドリップ」ですよ。もちろん、これだけ簡素に淹れるとコーヒーオタクを満足させるような「完璧なコーヒー」にはなりませんが、日常飲むレベルなら充分。




使うのは有名なハリオのでいいのでは。



自宅でもネルドリップにしようかと思ったくらいです。



コスタリカ の豆買いました。適当に淹れましたが、今旅史上トップ3に入りました。あ〜うれし。

メキシコからコスタリカ 無事到着!

こんにちは。
無事にメキシコからコスタリカの陸路移動が終了しました。

治安の面から、ホンジュラスニカラグアはほぼスルーとなり、エルサルからコスタリカ まで朝2時発、夜12時着の22時間移動でした。さすがにケツ4つに割れました。


コスタリカで累計32カ国訪問。キューバのフライトまで1週間ほどゆっくりします◎






首都のサンホセに滞在してるのですが、特にいうほどの見所もなく、物価が高い(日本並み?)ので、オススメしません。でもタクシーに置き忘れたアイフォンが帰ってくるくらいには治安がいいです。マジラッキーでした🤞



宿泊しているゲストハウスは居心地いいので、のんびりして、お楽しみのキューバに備えます。


それだけの更新です。
ではでは。

エルサルで最高の珈琲豆を産むSanta Rosa農園に行ってきた。

こんにちは。
現在エルサルバドル

グアテマラからバスで泣く子も黙る治安の悪さ(?)首都サンサルバドルを経由し、ど田舎のラパルマという町にやってきました。

10分ほどで町が回りきれる小さな町。ここに来たのは「コーヒー農園見学」の為です。

実は、友達がエルサルバドルのコーヒー農園で働いていて、会いたいのとコーヒー農園を見学したいのとではるばるやってきました。

実に楽しかったので紹介です◎

Santa Rosa農園

今回訪れたのはサンタロサ農園というエルサルバドル、チャラテナンゴ州にある農園です。

今回アテンドしてくれるのはカドカワくん。
大学の同期で、気づいたらエルサルバドルで働いていたので連絡取ってみたのですを

随分と現地人っぽくなってました。コーヒーが好きすぎて、エルサルバドルの超僻地に住んでるのに毎日コーヒーに囲まれて幸せだと言うコーヒー狂です。





そして、同僚のミゲルとカルメンと。スーパーハイテンションで楽し。

日本大好きすぎるミゲル

ドミニカから来ているカルメン。ダンス教えてくれた

日本勢で写真。



さて、チャラテナンゴの農園は他とは違い最近からコーヒー栽培が始められた比較的新しいコーヒー産地です。その為、他のサンサルバドル のコーヒーと比べ、ちょっとキャラの違う味わいになるそうです。




その中でこのサンタロサ農園はエルサルバドルの品評会で過去に1位を取ったこともあるトップレベルの農園。

ここで主に育てられてるのは「パカマラ」という品種のコーヒー。2種の掛け合わせだそうです。


全部コーヒーの木です。



コーヒーの木は種から苗収穫まで3年ほど時間がかかるそう。

こちらが苗。
(コレはサンタロサでは初挑戦となるの「ゲイシャ」という品種で、栽培が難しい上に収穫量が少なく、日本では結構なお値段します)




パカマラは葉がめちゃくちゃ大きく、果実も実に大きい!そして甘い。

コーヒーの果実って赤いんですよ◎


葉っぱ。これ、普通のコーヒーの木と比べかなり大きいです。


果実。今まで食べたどのコーヒー果実より甘かったー!びっくり。


赤い部分を取ると、コーヒーになる、豆が出てきます。ぬるぬる。

1つの果実あたり、豆は2粒かな?



黒っぽく完熟するまで待ち、すべてハンドピックによって収穫されます。

今回は2.4トンの収穫。


加工。

収穫後、果実は大きく分けて3パターンの加工がされます。

1、ナチュラ

果実ごと20〜30日乾燥させ、乾燥しきった後に豆を取り出す方法です。


乾燥後の果実は黒くなり、レーズンのような味に。


たっぷり。


乾燥すると、もちろん「ぬめり」もなくなり、バリバリっと生豆が現れます。

ナチュラルは、果実と乾燥させる分、果実の味わいも豆に入ってきます。が、品質が良くないものだと、悪い要素も入ってくるので、品質の高いものでしか向かないそう。

2.ハニー

ハニーは果実をまずとり、豆に「ぬめり」を残したまま乾燥させる方法です。


「ぬめり」も乾燥するとバリバリっととれて生豆が現れます。

バナナというかキャラメルというか、そんな香りがします。


3.ウォッシュド

果実を取り、発酵させた後、水洗いをして乾燥かせる方法です。

ここで洗います。





大別しましたが、ここから発酵方法や時間など、もっと細かく分別されます。またこれから新しい加工方法など、まだまだ研究余地のありそうなジャンル。





これはまだ乾燥し始めて間もないハニー。発酵をもさせてありバナナのような甘い香りが素晴らしい。




乾燥後は機械で薄皮等が剥かれ、大きさや欠点豆などで選別されます。



そして最後にサンタロサのコーヒーを頂きました。


キラキラとしたすごく綺麗な酸味と柔らかな甘みが絶妙なバランスで凄まじく美味しかったです。日本でサードウェーブ系コーヒー屋で6〜800円出してようやく飲めるコーヒーですねぇ。。。これ毎日飲んでたらそりゃ幸せです。




と、こんな感じでコーヒーの豆は出来上がり、各ロースター卸され、焙煎され、それが喫茶店やカフェにまた卸され、僕たちが飲むコーヒーになるのです。

サンタロサ農園の持つ会社は、事務所が首都にあり、ミゲルは焙煎もして、各店舗に配達するそう。



エルサルバドルのコーヒー事情


正直、エルサルバドルで飲むコーヒーはだいたいマズイです。なんとも言えないコーヒーに砂糖をたっぷり入れて飲むのがエルサルバドルの普通。

良い品質のコーヒーを作っていても、そのほとんどが輸出に回され国内に良質な豆が残ることはほとんどなかったそう。

しかし、今エルサルバドルの首都、サンサルバドルではかなり質の良いコーヒー屋さんが増えており、この良質な豆を販売できるマーケットが徐々に出来上がってきているようです。

その内のひとつ。
crafters coffeeに行ってきました。

ここも実に美味しいコーヒーでした。量もよりますが、コーヒー300円くらい。その辺の食堂で飲むと100円くらいなので実に3倍。でもこのクオリティのコーヒーを300円で飲めるなら◎















さて、コーヒー栽培の話から、エルサルバドル、日本のコーヒー事情を教えてくれたカドカワくんには超感謝!

またミゲルとカルメンにはかなり楽しませてもらいました。

めちゃくちゃ勉強になったし、すごく楽しいコーヒー農園見学でした◎


豆は時期的に手に入らず、、悔しい。
帰国したらエルサルバドルの豆を試してみたいと思います◎






現在サンサルバドルダウンタウン
治安が悪いです。

昼は良いけど、夜は絶対歩きたくないなーという雰囲気がプンプンしてます。

写真ないけど、歩道でオバサンが大の字で寝てました。なんでなん。死んでるんかと。


バスのタイヤ。

マッドマックスか北斗の拳かな?



唯一の見所である教会。


さて、これから治安悪そうなホンジュラスニカラグアはほぼスルーして、コスタリカ に向かいます!

18時間バス頑張りまーす✌︎('ω'✌︎ )

Brothers guesthouseという宿が面白い。

グアテマラのサンペドロ ララグーナというところにいます。

ここでなんとなく予約取っておいた宿がかなりパンチあって面白いので紹介します。

かなり好みが分かれ、無理!という方もいると思うのでオススメはしませんが(笑)


ブラザーズゲストハウスという宿。
1泊1人900円ほど。

名前の通り、兄弟で経営している宿です。

森のような玄関。

まず玄関から入ると一番最初に飛び込んでくるのは、草なのか木なのか様々な植物が植えられた庭。

写真ではすごく汚く見えるけど、割とそうでもなく(決して綺麗ではない)、様々な作物が栽培されています。

たくさんの植物は建物にもきており、よく言えば緑豊かでいい感じ。

ヒッピー(風)な人達ばかり

建物の外観、またその雰囲気からわかるかもしれませんが、この宿、かなりヒッピー(風)な人達が御用達っぽく、もちろんその兄弟もそんな感じ。昼間から怪しい匂いがプンプンします。


左がオーナー兄弟の兄。

宿の一階で美容室もやっており、兄がドレッドを編み、弟はヘアデザインをしています。

ドレッド編んでるとこ初めて見たので、写真を撮らせてもらいました◎


風貌や雰囲気のクセが強すぎますが、兄弟で宿の経営をしつつ、一階ではヘアデザイン、そして畑で作物を栽培して、、ってライフワーク的にはかなりイケてますよね。


兄のゼロからモノづくりが面白い

兄がメインで管理している畑(庭)では、食べ物やフルーツ、ハーブが多いんですが、綿花も栽培されています。

兄はこれを栽培し、糸を作り、また自分で栽培した植物で糸を染め、服を編んで作品を作っています。


綿花


糸にしていく過程で使う道具。


糸にして、染めた糸達。


作品。

下駄も作ってました。旅行のテンションで買ってしまいそうになった。




モノづくりを大事なご商売の1つとしている僕としては、このゼロから作るモノづくりにいたく感動し、宿、美容室、モノづくり、と商売を掛け持ちする生き方に激しく共感致した次第です。




もっともっと(×10)日本社会に迎合する形ではありたいですが、なかなか良い刺激を受けれた宿でございました◎ 帰国したらまた頑張ります◎





あと凄さもよくわからんかったのがコレ

ローズとハイビスカスのソーダ

ローズとハイビスカスはもちろん、ソーダも手作りしてるそう。ちょっと英語と僕の常識の理解が追いつかなかったけど、植物のバクテリア?がソーダを作ってくれるそうです。



世のオーガニック志向の方は、ここに来たらかなり学べることがありそう。むしろ、そんなの常識なんですかね、、?







ちょっと小汚いけど、それを除けばレイクビューもあるし、スタッフは異様にフレンドリーだし、居心地はいいよ!



2月頭くらいにグアテマラから治安悪そうなエルサル、ホンジュラス、そして比較的安全そうなニカラグアまで駆け抜けます〜!

飼い主はどこ?店に迷いハムスターが現れました。

こんにちは。
1月17日の夜、「ちいさな喫茶店」の田村さんから連絡が。

ということで。


飼い主探してます


お店の一階にいるところをお客さんが捕獲して持ってきてくれたそうです。


たぶん、ハムスターが無事に移動できる距離で半径数百メートルくらいだと思います。なので飼い主は八日市駅前の方かと。かなり人間慣れしています。



現在は名前もつけて、我が家のシェアメイトが可愛がって飼ってくれています。飼い主が見つかれば、もちろんお返ししますので、情報あるかた是非ご連絡くださいー!



超可愛いし飼い主見つからんでもいい

メスカルの工場見学に行ってきました。

1/23 訂正
文中にテキーラはメスカルの一部と書いてありますが、テキーラは定義的にメスカルから独立しているそうです。またメスカルも定義があるらしく、それら以外はアガベスピリッツ、と呼ぶそうです。

メキシコに来て初めて知ったんですが、
「メスカル」という酒があります。

メキシコといえば「テキーラ」と思う人がほとんどだと思いますし、間違ってません。でもそのテキーラは、メスカル、という酒のごく一部だったようです。

日本に入ってくるテキーラは特に工業的になってら大量に作り売られています。(もちろん例外はたくさんあり)

が、メスカルはそんなことなく、小さく伝統的な作り方をされています。(もちろん例外はたくさんあり)

テキーラとメスカルの違いはこちらで詳しく載っています。興味ある方はご覧くださいな。

メキシコのお酒といえばテキーラ!じゃあメスカルってなあに?〜テキーラとメスカルの違いをノート | Latin notes



Mezcal Don agave

さて、、オアハカという町からバスで20分ほど。
Don agaveというメスカル蒸溜所にきました。

これがすべて。すごくちいさな蒸溜所です。

着いたらすぐ優しいオッサンが案内してくれます。呆気にとられてオッサンの写真ないのが悲しい

こちら材料のリュウゼツラン。サボテンのようなアロエのような。

このリュウゼツラン、オアハカだけでも100種以上あり、それぞれ香りが違うそう、、組み合わせだけでもう無限大のメスカルできそうですね。

ちなりにテキーラはこの100〜200種あるリュウゼツランから1〜2種しか使いません。ちょっとエリートっぽいよね。


これの葉を落とし


茎(?)の部分のみを使用します。

これを3〜4つに切り
この釜に入れて蒸し焼きします。

木に火をつけその上に石を敷きそしてリュウゼツランをいれます。すごくアナログ(笑)

もちろん、木も石もこだわりのもの。


テキーラはこの蒸し焼きの工程はなく、別の方向で加熱します。メスカルはこの蒸し焼きにより、テキーラにはないスモーキーな香りが楽しめます。

大きさはこれくらいです。

そしてこれですり潰します。

あれ?石器時代かな?も思うほどアナログです。伝統製法のバーゲンセール。



こちらで発酵させ、蒸溜します。

こちらの蒸溜所では2回蒸溜させるそうです。

アルコール度数は竹の筒で測るそうです。その具体的な方法はちょっと英語が聞き取れずよくわかりませんでしたが、竹の筒でメスカルを吸って吹く?みたいな感じでした。

さて、お楽しみ試飲ターイム。

写真のに加えて、計8種ほど試飲。メスカルはライムではなくオレンジと頂きます。


こちらは、珍しいリュウゼツランで作られたメスカル。スモーキーさに加え、独特のクセがあります。なんと一本12000円!タケェ!カエネェ!


こちらは、テキーラにも使われるリュウゼツランで作られたメスカル。美味しい。

真ん中のボトルは、リュウゼツランに住む「グサノ」と呼ばれる虫が入っていて、その虫の味も出てます。うまい。オッサンが「この虫はリュウゼツランで生まれ、リュウゼツランの中で死ぬのだ」って言ってました。


リュウゼツランの中で死ぬグサノ。



と、まぁ、テキーラ以上にメキシコの地酒とも言えるメスカル!なかなかびっくりのおいしさなので、持ち帰る予定です!たぶん!できたら!美味しいメスカルを知り合ったメキシコ人バーテンダーに聞いたので探して帰ります〜。お楽しみに。





ちなみに、付け合わせのオレンジには「サルデグサノ」という塩をつけて食べます。サルデグサノは、このグサノという虫を塩の中に入れて塩を吸わせて、死んだ後に塩と一緒すり潰したものです。

こちらは市場で買いました。



メスカルとこの塩、そしてオレンジで楽しんで頂ければと思います◎


ではではー!