MENU

高級ダレスバッグをつくる 〜胴とマチ合体編〜

スポンサーリンク

雪すごいですね。

雨が降ろうと雪が降ろうと制作は続きます。

さて、ようやく形が見えてきたダレスバッグ 。

今日はがっつり本体部分ができあがります。

 

今までのはこちら。

 

 

www.kitauraworks.com

www.kitauraworks.com

www.kitauraworks.com

 

www.kitauraworks.com

 

張り切っていきましょう。

 

 

 

 

 

胴とマチを合体。

 

前に作っていた胴と

 

f:id:kitaurayouji:20181123154046j:plain

 

マチを

f:id:kitaurayouji:20181214165512j:plain

今回は合体させます。

 

さっそくいきましょう。

 

 

 

とりあえず、前胴をマチに貼ります。

 

 

f:id:kitaurayouji:20181229222250j:plain

 

大きいだけに結構大変。とりあえず貼れました。

f:id:kitaurayouji:20181229222302j:plain

 

やっぱり角がクセありで、よこマチと底まちはこういう風に繋げてあります。

隙間は目立たないよう、染料を入れて染め上げときます。

 

一度断面にヤスリをかけます。

誤差ゼロで貼れたらベストなんですけど、不可能に近いのでヤスリで整えます。

こうすることで穴を開ける時の制度が高まります。

f:id:kitaurayouji:20181229222305j:plain

 

 

さてそして縫います。

f:id:kitaurayouji:20181229222256j:plain

 

めちゃんこ厚いのでかなり大変です。穴あけが。

やっぱり裏面の穴を均等に開けることができず、縫い目がややがたつく、、無念。

 

縫えたら染め上げ、バリバリ磨きます。

そしてさらにヤスリにかけて、染めてバリバリ磨きます。

繰り返すこと数回。

f:id:kitaurayouji:20181229222308j:plain

f:id:kitaurayouji:20181229222253j:plain

できた。コバ^^

 

 

この容量で反対側もやってしまいます。

そしたらこうなります。

 

f:id:kitaurayouji:20181229222259j:plain

ズデーン。迫力◎

カバンになってきました!!!

 

 

f:id:kitaurayouji:20181229222300j:plain

中はこんな感じの仕切りになっていきます。

仕切りにもマチがあるので、パソコンや雑誌などがスイスイ貼ります。

わかりづらいですが、ゴールド革がキラキラしております。

 

 

f:id:kitaurayouji:20181229222259j:plain

うーん、いい感じ!

 

 

 

というわけでこんな感じ。

年内完成いきますね。

 

 

 

ではでは〜〜!