MENU

Brothers guesthouseという宿が面白い。

スポンサーリンク

グアテマラのサンペドロ ララグーナというところにいます。

ここでなんとなく予約取っておいた宿がかなりパンチあって面白いので紹介します。

かなり好みが分かれ、無理!という方もいると思うのでオススメはしませんが(笑)


ブラザーズゲストハウスという宿。
1泊1人900円ほど。

名前の通り、兄弟で経営している宿です。

森のような玄関。

まず玄関から入ると一番最初に飛び込んでくるのは、草なのか木なのか様々な植物が植えられた庭。

写真ではすごく汚く見えるけど、割とそうでもなく(決して綺麗ではない)、様々な作物が栽培されています。

たくさんの植物は建物にもきており、よく言えば緑豊かでいい感じ。

ヒッピー(風)な人達ばかり

建物の外観、またその雰囲気からわかるかもしれませんが、この宿、かなりヒッピー(風)な人達が御用達っぽく、もちろんその兄弟もそんな感じ。昼間から怪しい匂いがプンプンします。


左がオーナー兄弟の兄。

宿の一階で美容室もやっており、兄がドレッドを編み、弟はヘアデザインをしています。

ドレッド編んでるとこ初めて見たので、写真を撮らせてもらいました◎


風貌や雰囲気のクセが強すぎますが、兄弟で宿の経営をしつつ、一階ではヘアデザイン、そして畑で作物を栽培して、、ってライフワーク的にはかなりイケてますよね。


兄のゼロからモノづくりが面白い

兄がメインで管理している畑(庭)では、食べ物やフルーツ、ハーブが多いんですが、綿花も栽培されています。

兄はこれを栽培し、糸を作り、また自分で栽培した植物で糸を染め、服を編んで作品を作っています。


綿花


糸にしていく過程で使う道具。


糸にして、染めた糸達。


作品。

下駄も作ってました。旅行のテンションで買ってしまいそうになった。




モノづくりを大事なご商売の1つとしている僕としては、このゼロから作るモノづくりにいたく感動し、宿、美容室、モノづくり、と商売を掛け持ちする生き方に激しく共感致した次第です。




もっともっと(×10)日本社会に迎合する形ではありたいですが、なかなか良い刺激を受けれた宿でございました◎ 帰国したらまた頑張ります◎





あと凄さもよくわからんかったのがコレ

ローズとハイビスカスのソーダ

ローズとハイビスカスはもちろん、ソーダも手作りしてるそう。ちょっと英語と僕の常識の理解が追いつかなかったけど、植物のバクテリア?がソーダを作ってくれるそうです。



世のオーガニック志向の方は、ここに来たらかなり学べることがありそう。むしろ、そんなの常識なんですかね、、?







ちょっと小汚いけど、それを除けばレイクビューもあるし、スタッフは異様にフレンドリーだし、居心地はいいよ!



2月頭くらいにグアテマラから治安悪そうなエルサル、ホンジュラス、そして比較的安全そうなニカラグアまで駆け抜けます〜!